事業内容

弊社は創業より、プラスチック樹脂の押出成形を一筋に営業してまいりました。独自の設備増強とノウハウの蓄積を重ね、高品質で精度の高い製品作りを続けております。 
小回りが利き、素早く柔軟な対応ができる長所を生かし、試作品から小ロット品まで幅広くご相談承ります。 
また、チャレンジ精神を忘れることなく、新しい樹脂や特殊樹脂の加工にも挑みます。お客様のニーズに必ずお応えできるよう、あらゆる努力を惜しむことなく全力で対応いたします。

押出成形とは?

押出成形とは?
プラスチックの押出成形品は、押出機、ダイ、サイジング装置、冷却装置、巻取り装置、切断機からなる複合装置から製造されます。
溶融したプラスチック樹脂を押出機から押し出しながら、各工程を途切れることなく連動させ、製品を形成していきます。一連の装置のバランスをとり、製品の大きさ、形状、肉厚、複合比、樹脂素材に応じて異なった調整を行うなど、押出以降の工程が押出成形の”肝”といえます。
この工程こそ、各社それぞれが独自の経験とノウハウを集積させた特殊技術の結晶といえます。

独自の押出成形技術

独自の押出成形技術
弊社は創業以来、一貫して押出成形を手がけ、様々な経験を積み、技術やノウハウを獲得してまいりました。押出成形に関する技術と経験は、どの企業にも引けをとらないと自信を持っております。
歪みのない、均一な製品をつくるため、各所に独自のアイデアを導入し、他社との差別化を図ると共に、精度の高い製品作りを追い求めています。

あらゆる合成樹脂に対応

あらゆる合成樹脂に対応
今までの経験を生かし、あらゆる合成樹脂や特殊樹脂に対応いたします。押出成形は樹脂に応じた微妙な調整が必要となりますが、豊富な技術を持つ弊社であれば対応可能です。
新たな挑戦を忘れないことも、技術向上の糧であると考えています。

加工分類

対応樹脂 PVC(塩ビ)、PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、AC、NYLON、PC(ポリカーボネート)、PET、EVAなどあらゆる合成樹脂に対応